ゴウダブログ

ゴウダのサービスや住まいに関するノウハウをご紹介します

【大切なお知らせ】2009年以降に売電をされている皆さまへ/太陽光・蓄電池のゴウダ
住宅用太陽光発電

こんにちは、「太陽光のゴウダ」です。

あけましておめでとうございます。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします!

さて先日、経済産業省・資源エネルギー庁からの「固定価格買取制度についての大切なお知らせ」が新聞に掲載されました。

その内容は、「固定価格での買取期間が、2019年11月以降順次"満了"する」というもの。

1-1.jpeg

2009年に開始された買取制度は、太陽光発電でつくられた電力のうち余剰電力が買取対象となる制度で、10年間の買取期間が設定されていましたが、2019年以降順次、買取期間の満了を迎えることになります。

買取期間が終了すれば、法律に基づく電力会社の買取義務はなくなるため、余剰電力を「自家消費」するか、「小売電気事業者などとの相対・自由契約」で売電するという2択になります。

どちらを選択すべきかは、それぞれのご家庭の利用状況によって異なりますが、ここでみなさまにお伝えしたいことは、誤った情報や誤解を招く表現で勧誘を行う業者に注意をしていただきたいということです。

例えば、以下のような事例にご注意ください!

「0円買取となるため、蓄電池をつけなければ損をすることになる」
一時的に余剰電力の買い手が不在になると、0円で余剰電力を引き受けるケースが生じる可能性もありますが、新たな単価で売電先と契約を結ぶ限り、一般には0円買い取りになることはありません

1-2.png

「0円買取となるため、当社と売電契約しなければ損をする」
買取期間満了後、余剰電力の買取を表明している事業者は複数あります。
また、電気自動車や蓄電池と組み合わせて自家消費をすることもできるため、特定の1社と契約しなければ必ず損をするということはありません。

▼詳しくは、こちらからご確認ください!
http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/solar-2019after/index.html
(資源エネルギー庁・住宅太陽光設備の買取期間満了に関する情報サイト「どうする?ソーラー」)