ゴウダブログ

ゴウダのサービスや住まいに関するノウハウをご紹介します

太陽光にまつわるQ&A「補助金はどうやって、いつ受け取れる?」/太陽光・蓄電池のゴウダ
住宅用太陽光発電

こんにちは!「太陽光のゴウダ」です。

今回は、太陽光発電に関してゴウダに多く寄せられるご質問をご紹介したいと思います。

8-1.jpg

Q. 2019年11月に、太陽光発電の固定価格買取期間が満了します。それ以降は、どうなるのでしょうか?


A. 2009年にスタートした余剰電力の買取制度では、10年間の買取期間が設定されており、今年以降順次、その買取期間は満了を迎えることとなります。

買取期間が終了した電源については法律に基づく電力会社の買取義務はなくなり、対象のみなさまが取ることのできる選択肢は2つ。

「自家消費」または「相対・自由契約で売電」です。

「自家消費」とは、家庭用蓄電池を購入してためておいた電気を夜間に使ったり、電気自動車などに充電することで、自動車の動力や家庭の電気製品などの電力として使用したりと、余った電気を"売る"のではなく自宅で"使う"という方法です。

一方、「相対・自由契約」とは、小売電気事業者などと個別に契約して、余剰電力を買い取ってもらうという方法です。


8-2.JPG


詳しくは、経済産業省・資源エネルギー庁のホームページでも案内されていますので、近々買取期間の満了を迎える方は、ぜひチェックしてください。

http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/solar-2019after/#self_consumption

このほか、太陽光や蓄電池、リフォームに関するご質問がございましたら、お気軽にゴウダまでお問い合わせくださいね!

【お問い合わせはこちらから→https://www.goda-j.co.jp/systems/contact/