ゴウダブログ

ゴウダのサービスや住まいに関するノウハウをご紹介します

太陽光発電2019年問題への対策は?買取期間が終了したらどうなるの?? /太陽光・蓄電池のゴウダ
住宅用太陽光発電

こんにちは!「太陽光のゴウダ」です。

太陽光発電を導入されている方、太陽光発電に興味のある方であれば、「2019年問題」という言葉を一度は耳にされたことがあるのではないでしょうか。

1-1.jpeg
その2019年が、とうとうやってきました。

2009年にスタートした太陽光発電による電気の固定価格買取制度(FIT)は、今年2019年の11月以降、順次終了していきます。

FITとは、太陽光をはじめとする再生可能エネルギーで発電した電気を、電力会社が10年間、固定価格で買い取ることを国が義務づけた制度のこと。
その10年の買取期間が、今年から順次を終わりを迎えていくというわけです。

1-2.jpeg
では、買取期間が終了したら、どうすればいいのでしょうか。

経済産業省も案内している通り、その対策は2つ。

余った電気を買い取ってくれる電力会社を新たに探して相対・自由契約を結ぶ、もしくは蓄電池を活用して電気を蓄え、自宅で使う"自家消費"の2つです。

電気代もますます上がり続ける今日。
買取期間が終わったあとの売電価格は11円〜8円になるとも予想されています。

1-3.jpeg
昼は太陽光、夜は蓄電池の電気でまかなう"自家消費"の時代へとシフトしつつあるといえるでしょう。

蓄電池は、万一の停電時や災害時の安心にも繋がります。
蓄電池を導入した場合の電気料金シミュレーションも可能ですので、ゴウダまでお気軽にご相談ください。

ゴウダでは現在、資料請求またはシミュレーションをご依頼いただいたお客様に図書カードが当たるキャンペーンも実施中です。

▼詳しくはこちらから
https://www.goda-j.co.jp/2019lp/