ゴウダブログ

ゴウダのサービスや住まいに関するノウハウをご紹介します

買取期間の満了を迎えるみなさまへ。満了後の買取条件が発表されました!/太陽光・蓄電池のゴウダ
住宅用太陽光発電

こんにちは!「太陽光のゴウダ」です。

今年の11月から順次、満了を迎える太陽光発電の固定価格買期間。
「満了後はどうなるのだろう...」と、不安に思われている方もいらっしゃると思います。

6-1.jpeg

この度、そんな買取期間満了後の対応について、関西電力から正式な発表がありました!

10年間の固定価格での余剰電力の売電が終了した太陽光発電についても、一定の条件で引き続き買取りを行うということです。

発表された買取条件は、以下の通りです。

■買取単価:8円/kWh(10%にて計算した消費税相当額を含む。今後見直しとなる可能性あり)
■契約期間:買取期間終了の翌日から、翌4月の検針日前日まで。(以降、1年毎の自動更新)
■対象エリア:滋賀県、京都府、大阪府、奈良県、和歌山県、兵庫県(一部除く)、福井県の一部、岐阜県の一部、三重県の一部

現在、関西電力と売電契約を締結されているご家庭には、買取期間終了の4ヶ月前までに書面で案内が届くことになっていますので、ご確認をお願いいたします。

6-2.jpeg

なお現在、関西電力へ売電を行っているご家庭の場合は特別な手続きは必要なく、自動的に新しい買取単価で買取りが継続されます。
(送配電部門に売電されている場合は、お手続きが必要)

買取期間終了を機に、新たに関西電力に売電を行う場合はお手続きが必要となりますので、詳しくは関西電力のホームページでご確認ください。
https://www.kepco.co.jp/corporate/pr/2019/0422_2j.html