工場、自社ビル、学校などの事業主様へ ゴウダの産業用太陽光発電 ソリューション - ソーラーパネルメーカー不問  - 設立50年の確かな施工実績 高信頼の自家消費型太陽光発電をご提案いたします。

自家消費型太陽光発電システムとは?

事業所や工場などに太陽光発電
システムを設置し、発電した電気を
その場で使用する仕組みを
「自家消費型太陽光発電」と言います。
電気を自給自足することにより、
購入する電力量を減らし、
足りない分だけ電気を購入することで、
電気料金を大きく削減することが
できる他、
様々なメリットがあります。

自家消費型太陽光発電システム 図

自家消費型太陽光発電システムの5つのメリット

  • メリットその1

    自家消費による電気料金の削減

    再エネ賦課金の上昇や消費税の増税など、企業が負担する電気料金は年々値上がり傾向にあり、今後数年間は続くと考えられています。
    「自家消費型太陽光発電」による電気使用料金の削減に伴い、「再エネ賦課金」「消費税」も同時に削減できますので、今後の電気料金上昇も抑えることができます。

    再エネ賦課金とは、再生可能エネルギーの普及を促進する目的で、電気の消費者すべてから
    利用量に応じて徴収される料金、「再生可能エネルギー発電促進賦課金」のことです。

    電気料金は年々上昇しています!

    電気料金グラフ

    出典)経済産業省 資源エネルギー庁

  • メリットその2

    BCP対策(停電・災害対策)

    停電や災害などの有事の際、パワーコンディショナーを設置していれば、ソーラーパネルで発電した電気を事業所内で利用することができます。事業所の規模にもよりますが、最低限の事業所のバックアップが可能です。
    また、蓄電池を同時に設置することで、夜間・雨天の際にも安定して電気を使用することができます。

    • 通信の確保

      緊急連絡、安否確認など

    • 情報の確保

      データバックアップ、業務継続など

    • 安全の確保

      避難灯の確保、
      従業員の安全など

  • メリットその3

    税制優遇による節税

    停中小企業が自家消費型太陽光発電を導入する場合、「中小企業投資促進税制」や「中小企業経営強化税制」を利用することで、即時償却や税額控除などの優遇税制を受けられる場合があります。
    即時償却とは、設備投資の費用を、初年度にすべて経費として計上できる制度です。導入初年度の利益を押し下げることで、本来支払わなければならない法人税の削減が可能です。

  • メリットその4

    遮熱・断熱効果による室内温度の安定化

    事業所・工場の屋根にソーラーパネルを設置することで、パネルと屋根の隙間に空気層が発生し、夏場は施設内の温度上昇を抑え、冬場は温度低下を防ぐことができます。

    また、ソーラーパネルによって屋根への直射日光、雨等を防ぎ、空調設備の負荷軽減や屋根の経年劣化を遅らせる効果もあります。

  • メリットその5

    CO₂削減による企業価値の向上

    「脱炭素社会」に向けた政策が開始され、大手企業だけではなく中小企業にも自家消費型太陽光発電による取り組みが拡がっています。
    自家消費型太陽光発電の事業活用はSDGsへの取り組みに貢献でき、SDGsの取り組みに積極的だという評価を得れば、企業価値を高め、他企業との差別化や銀行やESG投資家からの評価向上するなどのビジネスチャンスを拡大することができます。

    SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。

ゴウダの産業用太陽光発電ソリューション

導入実績
ゴウダの自家消費型太陽光発電システムは
様々な条件に合わせて設置場所を
検討できます。
  • 学校法人関西大倉学園様

    太陽電池容量 パナソニック 54.18kW

    学園創立120周年事業として新校舎建設の際に太陽光発電システムを導入しました。
    環境問題・エネルギー問題を生徒に身近に触れてもらうため、発電量を表示する液晶ディスプレイを館内に設置。環境教育の促進と環境に対する学校の姿勢をわかりやすくアピールできました。

  • 中川鋼管株式会社様

    太陽電池容量 ハンファQセルズジャパン 1005.28kW

    中部エリアの担うメイン倉庫(建物面積7556㎡)に太陽光発電システムを導入しました。
    企業のCSR活動の一環として、環境汚染の少ない自然エネルギーの活用、また社員一人一人の環境意識の向上、さらには地域貢献として非常時の一時避難場所として活用と、企業価値・ブランドを高める事ができました。

  • ゴウダ株式会社 彩都工場

    太陽電池容量
    工場屋上:ソーラーフロンティア製 67.32kW
    遊休地斜面:エクソル製 250.4kW

    工場屋上と遊休地の斜面に太陽光発電システムを設置。発電した電力は工場にて活用しています。
    斜面は生産活動に活用できない土地でしたが、太陽光を設置することで隣接道路からもよく視認でき、企業イメージ向上に寄与しています。

お手続きの流れ

1
お問い合わせ
当ホームページのお問い合わせ、またはお電話にてご連絡ください。お客様のご要望に、弊社のスタッフが親切丁寧にお答えいたします。
2
料金シミュレーション、お見積り
ご依頼内容や現地調査をもとに、システム設計や電気料金シミュレーションを作成いたします。
3
お申込み
お客様の疑問や不安が解消され、ご納得いただいた時点でご契約させていただきます。
設置に際し補助金申請などのサポートもさせていただきます。
4
設置工事
施工技術や仕上がりの美しさはもちろん、近隣へのご挨拶から現場作業員のマナーにいたるまで、ゴウダ品質での設置工事を行います。
5
完成
電力会社が専用のメーターを取り付け太陽光で発電した電力を買い取ってもらえる状態にして工事完了となります。
6
アフターサービス
長期にわたって安定した発電をするための、10年間の充実メンテナンスサポートや安心施工補償など、引き渡し後のアフターサービスも万全です。
  • ゴウダの蓄電池
  • ゴウダ電力
  • 住宅用太陽光発電